読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

On the Sunny Slope

都会でもなく、田舎でもない。そんな街でのんびり生活しながら、気になったモノや愛用しているモノをつらつらと。

最近読んだ本。

レシピ本を買い貯める癖があるのは以前から。
それにつられてライフスタイルの本を買ってみることも増えた。

 

今回は有元葉子さんの『私の住まい考』と石黒智子さんの『探さない収納』の2冊。
有元さんの本は彼女らしい源流主義というか本質主義というかを住まいに当てはめたらこうなるのだなと非常に納得がいく感じの本だった。イタリアや野尻湖に別荘を所有している有元さんのライフスタイルは雲の上のような感じは否めないが、彼女の考えのエッセンスは読んでいて小気味良い。彼女は料理においても生活においても、余分なものは徹底的に削ぎ落とすけれど、それに伴う手間、彼女の好きなものを集めることなどは決して削ったりはしていない。ストイックではあるけれど、悲壮感を感じることが少ないのは自身が何を必要としていて、何を基本に生きているのかを理解して実践しているからなのだと思う。

自分に出来るかどうかは何とも言えない。
一時期は彼女のプロデュースする製品を買って使って少し悦に入る時期が自分にはあった。彼女が勧める自身のプロデュースする『la base』の製品にフライパン、クリステルの鍋、バーミックス、クイジナートのフードプロセッサー。いずれも今でも愛用しているし、自分は使い続けるものだと思う。
ただ、それは自分達のライフスタイルの中の『食』という大きなプライオリティを持つ領域で彼女の作るレシピやキッチンコントロールの仕方が自分達の感覚にフィットしたからだろう。
彼女の旅行についての本や生活スタイルの本は素敵だなと思うけれど自分が同じ生活をしたいかと言われると難しい。
自分は仕事が好きだし、今の仕事のペースでは暮らすように旅をすることは物理的に不可能。住まいは今は広めの家だが、賃貸生活を続ける予定の我が家では実現不能な要素は盛りだくさん。
でも彼女の述べるエッセンスを少しずつ取り入れることは出来ているようにも思う。
旅行に行く時は所謂お土産屋に入ることはほとんどなく、レンタカーを使ってウロウロし、地元のスーパーや雑貨店などで自分達のセンスに合ったものを見つけたら買い求める。住まいは限られた条件の中で使いやすくまとめて生活する。
エッセンスを感じ取りながら、自分達のライフスタイルを積み重ねていくことで新しい生活を作っていける感じを持てるからついつい彼女の本は読んでしまうのだと思う。

 

石黒智子さんの本は今回は自分の中では評価が難しい。
彼女らしいシンプルに生活することを追求した本だとは思うが、彼女の考え方や価値観と自分の考え方の方向性の強い違いを感じてしまったからだ。
彼女の本を読みながら、彼女と彼女の夫、姑、息子などの家族の話が出てくる度に何故だか違和感を感じることが以前からあった。
キッチンの設計の際に夫婦で話し合い、息子さんも含めた家族全員が使えるキッチンを設計した考えは大賛成だし、そのことを追求して時間の経過の中で成長するキッチンを作っていく思想も素敵だと思う。
有元さんのようにある意味浮世離れした感じは少ないし、現実味のある価格のものやDIYで仕上げることも厭わないあたりはとても素敵だなと思う。

じゃあどこに違和感を感じているのかと言うと、彼女の他者との距離感なのだ。
彼女の家庭では近年は夫が料理やキッチンワークをしている。
彼女の文章にはそのことが触れられており、彼女の仕事はコーヒーを淹れることになっているようだ。それもご夫婦で決めたことなのだろう。ただ、彼女の文面から、彼女が夫のコーヒー抽出の技術を信頼していない様子が見て取れるのだが、彼女の伝え方が酷くエゴイスティックに感じてしまったのだ。
それは彼女と姑さんの関係にもしかり。彼女は姑はただの他人であり、自分の家族ではないと断言している。彼女と姑さんの関係の全部が見えない以上、彼女だけの問題であるとは言えないけれど、姑さんから見たら、息子と孫は血縁の家族だけれど彼女本人は他人だったと言うことにもなるのだろうし。
ただ、世間に出版される書籍、ずっと保存されることになる書籍に載せる文章としてはどうなのだろうかと思わされてしまったのも事実。
自分が彼女に感じる違和感は彼女の行動やライフスタイルは全て『彼女自身のしたいこと』のみに基づいているように見えてしまうこと。
もちろん、人間はエゴに基づいて生きているし、自分もエゴの塊だとは思うけれど、彼女のそれは究極にストイックな感じさえするのが違和感の理由なのだと思う。

自分は料理が好き。
それは食べた相手が『美味しい!』と喜んでくれることが嬉しいから。
自分は『仲間』と思っている相手が喜んでくれればいいやと思う人だから、世間の皆様から認められたり褒められたりしたいとまでは思えないから、エゴイスティックと思われることは少なくないなぁと仕事をしていて思うことはあるけれど、彼女の場合はそれがもっと際立っているように思えるのだ。
だから彼女は料理を夫に一任出来ているのだろう。
コーヒーも彼女の満足する味に淹れられることが最も優先するのだろう。
それが彼女の本が新しくなる度に感じること。
だから次の本を読むかどうかは…。

American Pie 第2弾。

今度は生のアメリカンチェリーで作ってみました。

種を取ったアメリカンチェリーに砂糖とコーンスターチ、レモンジュースを加えてマリネ。

それをパイシートで挟んで焼くだけ。

フレッシュチェリーのシーズンにしか出来ませんね。

f:id:takepon75:20170514205259j:image

 

ちなみにパイ皿は100均で買ってみたもの。

割りかし不便なく使えるので、パイ生地に慣れるまではこれで良いかな。

 

フレッシュチェリーのシーズンが終わったらブルーベリーで試してみよう。

American Pieの引力。

この数ヶ月、American Pieが無性に食べたくて。

街のパティスリーのケースに並ぶ綺麗なミルフィーユとかみたいな繊細なやつではなく、アメリカのドライブインや街中のダイナーなんかにあるようなざっくりした感じのやつを。

 

空気が暖かくなるにつれ、甘味も酸味もしっかりしたフィリングがたっぷり入ったAmerican Pieへの恋しさは増すばかり。

Lemon Meringue Pie

Key Lime Pie

Banana Cream Pie

Apple Pie

そしてSour Cherry Pie。

 

自分にとってのSour Cherry Pieはこれぞアメリカ!と感じるお菓子です。

昔のTVドラマのツインピークスカイル・マクラクラン演じる主人公が街のドライブインでしょっちゅう食べてましたよね。

 

食べたいなぁと思っても売ってない以上、作るしかないわけで。

 

f:id:takepon75:20170506081625j:image

f:id:takepon75:20170506081634j:image

f:id:takepon75:20170506081642j:image

 

カルディでサワーチェリーの缶詰を見かけたら作らずにはいられませんでした笑

本当は練りパイ生地を手作りするべきなのですが、これまたカルディで売っている冷凍パイシートを使って簡単に。

フィリングも砂糖とコーンスターチ、チェリー缶のジュースを混ぜながら煮詰め、ポッテリしたところにチェリーとビターアーモンドエッセンスを混ぜたシンプルなもの。

 

これぞアメリカの家庭の味なんでしょうね。

我が家の圧力鍋事情。

ウチは圧力鍋を割かし多用している家だと思います。
煮込み料理が好きなことに加え、大き目の寸胴鍋としても使うからなのですが。
メインディッシュになる煮込み料理に加え、常備菜なんかも作れるので便利です。

 

我が家は2種類の圧力鍋を使いまわしています。
T-FALの『クリプソ・グランド』とWonderchefの『魔法の一分料理』。両方とも5.5Lタイプです。

 

T-FALはタイマー付きなのが売りです。構造はセレクター式で圧力は高圧 80kPa、低圧 50kPa。
タイマー付きなので圧力鍋ビギナーには使いやすいかもしれません。セレクター式なのでスプリング式圧力鍋(FisslerやWMFなど)よりは音がしますが、錘式のような音はしません。
圧力は市販の圧力鍋の中でも決して高い方ではないので調理時間は少し長め。附属のレシピ集はそれなりに充実しています。
当時の定価は37800円でした。

 

Wonderchefは超高圧鍋なのが最大の売り。構造はシンプルな錘式、圧力は140kPaです。
名前の通り、カレーや肉じゃがなどの煮込み時間をおよそ1分間に出来ます。とても短時間。錘式のため、『シュッシュッ』という蒸気機関車のような音はしっかりします。
圧力は超高圧ですが、普通圧(80kPa)の錘を別途購入すれば2段階に調節可能。
附属のレシピは我が家が購入した際には村上祥子さんの『高圧鍋で魔法の1分料理』というムックが同封されていました。分かり易いのと、塊肉を煮込むレシピではなく普段の総菜などのレシピが豊富で重宝します。
当時の定価は10000円前後。ホームセンターで8000円くらいでお試し購入した初めての圧力鍋です。

 

いずれの鍋も購入するのにあたって検討しました。
条件としては、
①IH対応鍋であること
②安全機構がしっかりしていること
③交換部品が買い足せること
④両手鍋であること
でした。
①は我が家のキッチンがIHであるためです。この時点でアルミ鋳物のピース圧力鍋は脱落。
②はある程度の規模のメーカー製であれば大抵は平気なのですが、T-FALは圧がかかると開閉装置がロックされ、圧が高まり過ぎた時は安全弁から圧力を逃がし、それでも圧が上がった場合はパッキンが変形して圧を逃がす仕組み。Wonderchefは圧がかかるとフロートが上がって取っ手がロックされ、圧が過剰に上昇すると安全弁から圧が逃げる仕組み。
③はどちらもアフターサポートがしっかりしているし、パッキンはamazonでも買えます。
④が何気に重要で、圧力鍋は本体もそれなりの重さがある上に、容量も結構入るので片手鍋であるメリットが感じられませんでした。そして収納性の面でも片手鍋は邪魔。なので両手鍋。両方とも蓋を返して鍋に乗せて収納しているので鍋の大きさ以上の場所は取りません。

 

我が家で使用頻度が圧倒的に高いのは『魔法の1分料理』。10年選手になります。
使っていて思うことは調理器具などは構造がシンプルな方が使いやすいなと言うこと。
取り外す部分が少なく、ドライバーなどがなくても分解出来るので簡単です。手入れもきちんと洗うことと、毎回ノズルを付属のピンで掃除することだけです。
圧力鍋で料理する時に音が聞こえるのは、圧力が掛かっていることや火を弱めることが直感的に分かることでもあるので、無音の圧力鍋の方が使いにくいように思います。(T-FALだとセレクターを加圧にし忘れて火にかけてしまって焦がしたことがあります)

 

『魔法の1分料理』は我が家の使い方には一番合っている鍋なので、これからも使い続けたいですが、敢えて一つだけ苦言を呈するのであれば。
後継機種として『魔法のクイック料理』→『あなたと私の圧力魔法鍋』と変わってきていますが、デザインが何でこうなるのだろう…。
魔法の1分料理時代は赤と黒、ステンレスのシンプルなデザインだったのが、ビビッドなピンク色が入ったり、スチームカバーがついて洗いにくそうになってしまったり…。
自分の好みもあるのですが、ポップなキャンディカラーやファニーな形状のキッチングッズは主張が強すぎてどうも苦手なのです。道具は道具として、無機質なデザインでも良いように思えてしまって。最近はT-FALにしろ、Wonderchefにしろ、ちょっと自分にはファニー過ぎる感じがするものが多いので余計に気になってしまうんでしょうね。
デザインだけならWMFやFisslerのシンプルなデザインの方が好き。

 

圧力鍋は部品が交換できる分には耐久性のあるものなのでこれからも大事に使おうと思います。

久しぶり。

年末から何だかバタバタしていて気分的にも余裕がなく…。

仕事が立て込んでくると目の前のことに翻弄されてしまいがち。

 

年末はお節を作って友人をお招きしました。

f:id:takepon75:20170402143840j:image

 

毎年の手仕事ですが、年に一度なので上達しているのか分かりにくいことも多いです(苦笑)

友人達は喜んでお腹いっぱい食べてくれるのでお招きし甲斐があります。

 

年が明けて暫くしたところで、旧知の友人が都内に転勤になったとのことでお邪魔しに。

お宅に伺ってから吉祥寺までお出かけ。

お目当はこれ。

 

f:id:takepon75:20170402144230j:image

 

GIOBANNI'Sのガーリックシュリンプが吉祥寺に開店したので、ついつい。

ハワイより若干割高感を感じつつも、味は忠実に再現されていたので満足。

その後はスターバックスでコーヒーを。

f:id:takepon75:20170402144453j:image

f:id:takepon75:20170402144432j:image

前は年に一度会えたら良いなだったけれど、これでちょくちょく会えそう。

 

今日は地元で大好きなカフェでゆっくりランチ。

f:id:takepon75:20170402144558j:image

 

また少しずつブログもアップしてみます。 

ちょっとしたシアワセ。

コーヒーをマイタンブラーで持っていく毎日。

コーヒーを飲む時に、ほんの少しだけ甘いものが欲しくなることが時々あります。

最近のハマりモノと言うか、昔から好きなのがリバイバルしたと言うかなのがこちら。

f:id:takepon75:20161212113950j:image

 

ロータス オリジナル カラメルビスケット。

くどくない甘味にカラメルのほろ苦さ、シナモンの香りがバランス良く、歯触りもざっくりしていて好きなんです。

これを1〜2枚摘んでゆっくりコーヒーを飲むと、忙しい仕事の間にリフレッシュ出来ます。

キャラメラード。

知人から名前を聞いてどうしても飲んでみたかったコーヒー。

 

キャラメラード。

 

キャラメルとメラード(蜂蜜)を組み合わせて名付けられたブラジルのコーヒー。

フレーバーを付けたわけではないのに、焙煎するだけで甘い香りのするコーヒーなのだとか。

 

今回はサンカタリーナ農園のものをネットで購入。

 

挽いている間は甘い香り、ドリップしている時は香ばしさが強く感じられ。

味わうと程よい苦味と強いコク。ほんのり感じる甘味。

好きな味のコーヒーでした。

 

終わったらまた注文してみようかな。

 

f:id:takepon75:20161123184936j:image