On the Sunny Slope

都会でもなく、田舎でもない。そんな街でのんびり生活しながら、気になったモノや愛用しているモノをつらつらと。

朝食の必需品。

自分は朝にめっぽう弱い。寝ていて良いのならずっと寝ていられるくらい。なので当然と言えば当然なのだが、朝は食欲はない。(本来はかなり食いしん坊です、念のため)

 

この数年は朝食はグリーンスムージーと目玉焼きの組み合わせの朝食が多い。グリーンスムージーを作るのに使っているのがCostcoで買ったBlendtecのTotal Blender

 

買うのにあたって当然安くないモノなので悩んであれこれ検討した。

 

その当時使っていたのはRussell Hobbsのマルチブレンダー(3910JP)。通販生活で取り扱っていたのだけれど、販売中止になった後にネットオークションで買って使っていた。パワーは500Wと家庭用ではそこそこのハイパワー。クロムカラーでデザインも悪くない。

ただグリーンスムージーを作るとやっぱり繊維質が口に残る感じが気になったのと、使った後にすべてばらして洗わないといけないこと、ボトルを組み立てる時に緩みがあると攪拌中に下から漏れてくることがあったので億劫になってしまった感じは否めない。

 

購入する際に比較したのはセレブの方々御用達のVitamix(先日行った三越にも沢山並んでた)。これともともと使っていたRussell Hobbsも併せて比較すると。

 

Russell Hobbs マルチブレンダー3910JP(通販生活モデル)
①500Wのパワー
②ガラス製、組み立て式のボトル、容量1500ml、耐熱温度80℃
③カッター式の4枚刃(洗うとき少し気を遣う)
④14段階のスピード調節

 

Blendtec Total BlenderCostcoで当時約40000円)

①1300Wでモーター出力3馬力(馬力表示されてもイマイチピンと来ないけど)
ポリカーボネート製、一体型のコンテナ、容量2800ml、耐熱温度80℃
③板状の2枚刃(洗うときに手を切ることはない)
④6モードの設定がある全自動変速+マニュアル制御
コストコ独自の8年間保証(故障の際には返金もしくは新品・モデルチェンジしていたら同等品と交換)

 

Vitamix TNC5200(83000円・正規ネットショップ)
①900Wでモーター出力2馬力
②軽量樹脂(トライタン)製、一体型コンテナ、容量2000ml、タンパー(押し込み棒)付き、耐熱温度100℃
③カッター状(鈍い切れ味)の4枚刃
④マニュアル制御

 

と言うのがチェックしたポイント。

BlendtecもVitamixもパワーは十分…と言うか馬力表示ってホントに謎だったんだけど。
コンテナの洗いやすさは構造がシンプルで刃が尖っていないのでBlendtec。
コンテナの耐熱温度はVitamixの方が高いから熱いポタージュ作るならVitamixかな。
速度調整は正直細かすぎると使いこなせないので全自動変速は楽と言えば楽。
タンパーがついている分、材料の空回りはVitamixの方が少なそうだけど、Costcoでの実演ではBlendtecも結構キレイに攪拌出来てた。

 

で最終的な決め手になったのは保証。Costcoの場合、購入してから8年(!)の期間、使っていて壊れたら返金または新品と交換。そんなに太っ腹な保証でCostcoさんは大丈夫なのだろうかと思ってしまった。

 

買ってから1年くらいのところでスムージーの材料の冷凍フルーツが固かったせいか、ポタージュを作るときの粗熱取りが不十分だったのか分からないけれど、コンテナにヒビが入ってしまい、恐る恐るCostcoに持って行ったらその場で新品と交換してくれた。しかも本体ごと。

今日も元気にBlendtecは我が家で活躍している。