読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

On the Sunny Slope

都会でもなく、田舎でもない。そんな街でのんびり生活しながら、気になったモノや愛用しているモノをつらつらと。

ドリップ。

前のエントリでハンドドリップについて書いたので、ハンドドリップについて。

 f:id:takepon75:20160302002641j:image

ウチではBONMACの陶器製のCD-2BとCD-1Bをメインにハンドドリップしている(黒い陶器製のドリッパー)。陶器製で一つ穴、メリタ式の構造とほぼ同じ。最近はBlue bottle coffeeのドリッパーで名前が知られるようになったかもしれない。
カリタ式のような三つ穴やウェーブドリッパー、コーノ式やハリオのような円錐型ドリッパーもあるけれど、一つ穴だと蒸らし時間が稼ぎやすい分、コクが出やすい気もする。
学生時代に通い詰めた喫茶店が閉店する時にオーナーさんから頂いた大事なドリッパー。コーヒーのドリップの仕方をそのお店で教わって以来、ハンドドリップはそのお店の淹れ方を守っているつもり。

ミルは最初は持っていなかったのでバーミックスのグラインダーで挽いたりしていたが、やっぱり使うことが少なくないので買った。
初代はメリタのパーフェクトタッチII。臼式(セラミック製)でコンパクトなのが売り。価格もお手頃。
使ってみて分かったのは挽ける粗さの幅はあまり広くない(ハンドドリップ用なら十分)、ホッパーがプラスチック製なので静電気でホッパーに張り付く(しまう前に水洗い必須、微粉は静電気で取れているのかも)、音は比較的甲高くうるさいこと。
でも十分に使えたので結構長く使っていた。

ある日、ふとコーヒーを買いに寄ったコーヒー豆専門店でBODUMのビストログラインダーに出会った。ホッパーがガラス製なので静電気が起こりにくい、臼がコニカル刃なので低速回転で香りや味が変化しにくいなどの利点もあったけど、最大の魅力はデザイン。色も黒があったので思い切って購入。パーフェクトタッチと比べると運転時の音は静か、豆が挽けるのが早い、微粉が付かないホッパーはやっぱり手入れが楽。

コーヒーを飲むときのマグはSTARBUCKSで買ったマグやファイヤーキングのマグでゆっくり。

チョコレートを一かけ食べながらコーヒーを飲むのが至福の時間。