On the Sunny Slope

都会でもなく、田舎でもない。そんな街でのんびり生活しながら、気になったモノや愛用しているモノをつらつらと。

鍋考。

今の我が家のキッチンは古めのタイプのIH。
オールメタル対応ではないので鉄とステンレスしか使えない。
以前住んでいたマンションはガスだったのでオール電化当初はものすごく戸惑った。
使い慣れていくうちにIHの利点も分かるようになり、今はIHの方が楽に感じてしまう。

 

IHで一番悩ましいのは鍋の材質が限定されることと熱源自体は発熱しないので鍋の形状によってはムラが出来やすいこと。

鍋の材質は磁性ステンレスか鉄でないと基本的にはダメなのでその中から選択するのだが、そうすると土鍋や磁器のキャセロールやアルミ鍋、銅鍋などは全てダメになる。(オールメタル対応のIHなら火力は落ちるが対応可能なものもある)
以前のエントリで書いた銅のドリップポットを使わなくなっていたのも一番の原因は熱源が対応していなかったからだ。

鍋の形状も大きな課題。特にフライパンは結構難しかった。
家で使っているフライパンは、
①クリステルのノンスティック加工の24cmフライパン
②ルールの26cm深型の健康フライパン
③双葉工業の有元葉子さんデザインのエンボス加工鉄板の片手フライパン26cm
ラゴスティーナのサルバスオパツィオの26cmソテーパン
⑤マイヤーのノンスティックエッグパン
⑥ユニフレームの黒皮鉄板のちびパン

IHとの相性で言うと、②>①=⑤>④>⑥>>③の順番な感じがする。

ルールのフライパンは厚めのアルミ鋳造でこれまた分厚い磁性体がそこにガッチリと溶接されたものにダイアモンドとチタンのノンスティック加工がされた製品。鍋自体が厚いがアルミ製のためそこそこの重さ(それでもだいぶ重いです、念のため)。厚みのため、鍋肌が温まるまでに少し時間がかかるけれど、温まってしまえば材料を入れても鍋肌の温度は下がりにくいのでステーキなどはきれいに焼ける。炒め物も比較的シャキッと仕上がる。

クリステルのフライパンとマイヤーのエッグパン、ラゴスティーナのソテーパンは底面だけアルミとステンレスの三層構造で側面は薄めのステンレス製。この3種類に少し差をつけたのはノンスティック加工の有無。
いずれも重さはルールより少し軽めになる。クリステルとエッグパンはノンスティック加工されているのでこびりつかないが、ラゴスティーナはパエリアなどで焦げ付くことが多い(ステンレスなので気兼ねなくガシガシ磨けるけれど)。
クリステルとラゴスティーナは取っ手が外せるのでオーブンなどでも行ける。ウチではハンバーグはクリステルで焼き付けた後、そのままオーブンに放り込んで耐熱皿としても使っているし、ラゴスティーナは土鍋代わりに鍋物などでも良く使う。
ノンスティック加工についてはマイヤーは一般的なフッ素樹脂加工、クリステルはエクスカリバー加工ではがれにくく耐久性が良いと言うが、ノンスティック加工は結局消耗品。クリステルはノンスティックフライパンとしては価格と耐久性のバランスが良いわけではないと個人的には思う。

鉄のフライパンはIHだとちびパンみたいな厚めの黒皮鉄板の方が薄くて軽いエンボス加工のフライパンより使いやすい。IHの場合は薄い鉄板だとリング状に熱ムラが出来てしまい、綺麗に焼き上げることは難しいからだ。ハンバーグ作りの時にエンボスを使うこともあるが、エンボス加工のフライパンが一番デザイン的には好きなのに使い道には悩んでしまう。ガスならここまでにはならないかもしれない。
それと、鉄のフライパンは使い始めの空焼きとシーズニングはIHではうまくできないので、屋外でガスコンロなどを使う工夫が必要になる。

 

フライパンのおまけになってしまったが、鍋はクリステルのグラフィットシリーズ一式と圧力鍋2つ(Wonderchefの高圧鍋とT-FALのタイマー付)、学生時代から使っていた全面ステンレス多層のミルクパン、ルクルーゼのデュッフ、SnowPeakの鋳鉄ダッチオーブンを使っている。

 
こうやって書きあげてみるとそれぞれ役割があって鍋やフライパンを持っているけれど、結構な種類と量を持っていたんだなと驚いた。