On the Sunny Slope

都会でもなく、田舎でもない。そんな街でのんびり生活しながら、気になったモノや愛用しているモノをつらつらと。

我が家の調味料。

知人とのやりとりの流れで調味料の話に。

旬の素材は安くておいしいことが多いけれど、家庭生活だと買い置きした材料や、財布が苦しい時は見切り品などに頼ることも我が家は少なくない。
手間をかけて、手の込んだ手法でカバーと言うことも可能なのかもしれないけれど、時間的にも技術的にも自分には難しい。
そんな時に調味料が美味しければ素材はそこそこでもごまかしが効くことも少なくないんですよね。

調味料の本や料理研究家さんの本などを色々読んだり、実際に味を見たりする中で、我が家に合った調味料が出来てきたのはこの数年。

①塩
塩が一番種類が多いかも。
下ごしらえなどには伯方の塩などの粗塩を使っています。
味を調えたりする時はゲラントの塩、広島の藻塩、岩塩などを使い分け。
ステーキやハンバーグなどの肉類には岩塩を合わせることが多いです。

②砂糖
きび砂糖を使うことが多い。
たまに甜菜糖にしてみたりしてローテーションしていますが、精白糖はあまり使わない。
お菓子やジャムを作る時にはグラニュー糖。精白糖があればそれを使うことも。
和三盆なども味付けに使ってみることがありますが、高いので安く手に入った時だけ。

③酢
米酢は京都の千鳥酢。
ワインビネガーはマイユの白ワインビネガー。
バルサミコはCherry Terraceで扱っているバルサモ・ディヴィーノ。通常のトラディショナーレと呼ばれるバルサミコより大分お手軽ですが甘味も旨味もたっぷりで便利。

④しょうゆ
一時期は地元の造り醤油屋さんのものを使っていましたが、最近は空気に触れないボトルのキッコーマンの丸大豆醤油に落ち着きました。丸大豆であることにはこだわっていますが。

⑤味噌
地元の造り醤油屋さんの味噌、愛媛の麦味噌が中心。
京都の西京味噌八丁味噌は料理用に置いてあります。

⑥ソース
これはあまりこだわりなく。ブルドッグカゴメ、はたまたセブンプレミアムでもトップバリュでもなんでも。
お好み焼き用にはおたふくソース。

ケチャップ
Costcoで売っているハインツのケチャップを使ってます。確かに濃い気がする。

 

基本の調味料でも結構あれこれ考えて買うと面白い。

機会があれば、スパイスや複合調味料なども書こうかな、と思っています。