読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

On the Sunny Slope

都会でもなく、田舎でもない。そんな街でのんびり生活しながら、気になったモノや愛用しているモノをつらつらと。

昨日に引き続きアイスコーヒー。

昨日は我が街にもある『珈琲問屋』さんにアイスコーヒー豆をまとめ買いしに行ってきました。

珈琲問屋さんは自分で焙煎する程コーヒー好きな友人ご夫婦が良く使っていて知っていたのですが、少し前にうちの近所にも出来まして。

殆どの豆が生豆で置いてあって、注文→好みのローストに焙煎→豆のままor挽いて貰うのチョイス、で豆が買えるお店。

豆の種類も豊富で、何種類かのブレンドの他に世界中の色々な産地のシングル・オリジンも豊富に揃えています。

高い豆だと100gで3000円オーバーなどと言う希少品もあるけれど、普通の豆は100gで数百円とお手頃。

 

今回はアイスコーヒーブレンドが期間限定セールで100gで200円だったのでまとめ買い。

500g×2パックで1kg買ったのに2000円。

味わいはつい最近まで使っていた同じ珈琲問屋さんの炭焼アイスコーヒーブレンドより苦味が少し強くて軽めな感じ。さっぱりしたアイスコーヒーが入ります。

我が家のアイスコーヒー消費速度は半端なく、500gは2週間足らずで無くなるので、3週間位で使い切りそうですね。

 

ホットコーヒーの豆はホールビーンで購入しますが、アイスコーヒーの豆は焙煎が強いのでコーヒーオイルが表面に浮いていることが多く、挽く度にミルに張り付いて手入れが大変なのと、思い立ったら直ぐに淹れてグビグビ飲みたいのもあり、挽いて貰うので(珈琲問屋さんだと9の挽き目、かなり細めよりの中細挽き)、劣化を防ぐためには冷凍保存が必須です。

我が家の冷蔵庫はコストコを多用することもあってside by side型の冷凍庫がかなり大きなものですが、それでもまとめ買いは1kgが限界ですね。

 

f:id:takepon75:20160717141228j:image

 

side by side型の冷蔵庫はアイスディスペンサーが付いているので、気軽に多量の氷が使えるし、アイスコーヒーにはもってこいなのです。

 

今の環境だから楽しめるアイスコーヒー、堪能しておかなくちゃですね。