On the Sunny Slope

都会でもなく、田舎でもない。そんな街でのんびり生活しながら、気になったモノや愛用しているモノをつらつらと。

アウトレットでお買い物。

今日は久しぶりに酒々井プレミアムアウトレットに行ってきました。酒々井に行くのは結構久しぶり。

 

色々な服や雑貨、キッチン用品などを見て回りました。そこで感じたこと。

 

十分必要なモノを持った生活をしているのだなと改めて実感しました。
切羽詰まって買い直さなければいけないモノはなく、これが絶対に欲しいのだと追われるように思うこともなく。結局、ジーンズを一本買ったのと、パートナーのレインシューズを買っただけ。高速道路でわざわざ行くのに買うものが少ないのはもったいないと言われるかもしれませんが、自分としてはすごく満ち足りた幸せな時間だったのです。

 

自分達はそれだけ必要なモノをきちんと選んで手元に置いているのだなと思ったから。そしてパートナーとの生活を重ねてくる中で十分ではないかもしれないけれど、必要なモノを選び出す目を養うことが出来たのだなと実感出来たから。

 

人はたくさんの出会いと別れを繰り返し、自分の持つ限られた可能性を最大限に引き出せる選択をするために勉強や練習をするんだと自分のクライアントの子ども達には良く話しています。人によっては子どもの夢を壊すと思うのかもしれませんが…。
子どもの可能性を無限大だと盲信し続けることで親も子どもも結果的に傷つくことが多いのが自分の仕事の中で最近感じていること。
そんなことを話す立場な自分なので自分自身も人との距離間や関わりについて過度に求めないし求められないことを望む癖があると思っています。
パートナーとの生活の中で10年前の自分達を振り返った時に、少しは大人になったなと思えたことが今日は何よりも嬉しいことでした。それはとりもなおさず、色々な出会いと別れを繰り返す中で、今日まで別れることなく歩んでこられたから、それを実感することが出来たのだと。

 

昔良く聞いた歌手の麗美さんの曲の中にこんなフレーズがあります。

 

One day vacation in a winter will do
If the one day vacation will spend with you

(たった1日しかない冬の休日でも あなたと過ごせる休日ならそれで良い)

 

そんな気持ちを忘れないで生きていけたら幸せだなと思います。